収益得るならタイトル変えろ!すぐに分かるタイトルの付け方

WordPressの始め方

今回は、検索の順位や収益にも影響してくる記事タイトルの付け方についてです。

記事のタイトル、テキトーに付けていませんか?もしつけているのであれば、今すぐ変えてください。記事タイトルは検索順位にも影響する大事な項目です。

スポンサーリンク

記事タイトルはとにかく重要

タイトルなんてどうでもいい、中身が良ければ読者は増える…、なんて考えていませんか?これは大きな間違いです。たくさんの読者を抱えているブロガーは、タイトルの付け方も最新の注意を払っています。

それは、ブログを見たり記事を開いたりしたときに最初に目につくのが「記事タイトル」だからです。あなたは本屋さんで本を買うときにも、最初に表紙を見ますよね。それと同じで、記事タイトルは表紙のような役割を果たしているのです。

記事の中身の質を上げることも重要ですが、最終的に見たくなるタイトルをしている記事ほどクリック数が跳ね上がっています。では、次の2つの記事あなたはどちらが見たいですか?

  • ブログの書き方のすゝめ
  • 月間1000万PVを得たブロガーが教えるブログの書き方

私は圧倒的に後者ですね。一発目に実績が載っています。ブロガーなら月間1000万PVを稼ぐことがどんなに難しいか、理解されていますよね。ではどうして稼ぐことが出来たのか、気になるのではないでしょうか。

社会の先生が理科を教えるのと、理科の先生が理科を教えるの、どちらが説得力がありますか?そういうことです。

記事タイトルは検索順位にまで影響を及ぼす

同じ内容の記事でも、書き方次第でアクセス数が増減することは先程お話しましたね。

アクセス数が増減するということは、当然検索の順位に影響を及ぼすということです。

そこで私は、ある程度期間がたった記事のタイトルをリライト(変更)するようにしています。こうすることで、ユーザーがアクセスしてくれる記事タイトルを探すことが出来ます。

よく、公開してからは記事タイトルを変えてはいけないという話を耳にしますが、あれは全くのデマ情報です。記事タイトルを変えても、検索順位等に影響は出ません。
Googleの検索アルゴリズムは頭が良いので、記事タイトルが変わったのであれば自動的に検索結果に表示されるタイトルも変更してくれるのです。

記事タイトルをリライトすることで、より内容と近しい興味のそそるタイトルを探すことが出来ます。

スポンサーリンク

記事タイトルには具体的な数値を入れろ!

例えば「痩せるダイエット方法教えます」よりも「たった1ヶ月で10kg痩せた方法教えます」のほうがアクセス数は伸びます。この具体的な数字を入れる方法は実用書などでも利用されており、まさに効果がある方法の一つと言えます。

そして人間は考える生き物です。痩せるダイエット方法と言われるよりも、1ヶ月で10kg痩せるダイエット方法と言われたほうが、人間さんは興味が湧くわけです。

先程も述べたように、具体的な数字を上げたほうが
「実績がある人が記事を書いているのか、よし信用できるな」
という思考になりますよね。

数字を入れた具体的な例

  • たった1ヶ月で10kg痩せた!私はこの方法で痩せました
  • 1年で1000万PVを獲得!プロが教える記事の書き方
  • 日々の仕事を圧倒的に効率化する方法5選
  • 普段の料理を圧倒的に美味しくする3つの秘訣

スポンサーリンク

誰に向けた記事なのかを表記する

特定のユーザーに当てた記事を書くのであれば、タイトルの最初にその文章を入れるというのも手だと思います。
例えば、「初心者必見」「ニキビで悩んでる方へ」「サルでもわかる」「主婦向け」などの文章ですね。

呼びかけられたユーザーは、自分の役に立つ情報が載っているかもしれないと思い、アクセスをすることが多々あります。

ターゲットを指定した具体的な例

  • 初心者必見
  • 〇〇でも安心
  • 法人向け
  • 個人事業主も方へ
  • 〇〇でお困りの方
  • 男の悩みを解決!

ニチジョー!にも特定のユーザー向けに書いている記事には【初心者必見】などと載せるようにしています。例えば以下の記事ですね、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

適度な煽りを入れることも大切

記事タイトルに適度な煽りを入れることも大切です。煽りを入れることによって、相手に行動するように仕向けることが出来ます。

例えば記事タイトルの最初に「知らなきゃ損!」と入れると、知らないと損をすることがあるのか…?という心理的な思考によりクリック率が上がります。

ちなみにこの記事のタイトルにも「収益得るならタイトル変えろ」という少し強めの煽りを入れています。この言葉に惹かれてクリックされた方も多いのでは?

煽り過ぎは炎上の原因になるので気をつけてください…笑

煽りをいれた具体的な例

  • 知らなきゃ損
  • 知ってて当然!
  • 今更聞けない!
  • 令和の常識!

スポンサーリンク

ものごとをまとめた記事にする

これは記事タイトルとは少し外れてしまう部分もありますが、まとめ記事にすることでアクセス数は伸びます。例えば「新大久保の美味しいタピオカ屋まとめ」などです。

一つの記事で複数の情報を得ることが出来るので、早く情報を知りたがる人ほどアクセスしやすい傾向です。複数のサイトから情報を得るよりも楽で速いですからね。

まとめ記事にするときのタイトル例

  • 新大久保の美味しいタピオカ屋まとめ
  • 2020年オススメのレンタルサーバーまとめ
  • 無印良品で今売れている商品まとめてみた
  • ダイソーのリピ買い不可避な商品まとめ

スポンサーリンク

対象の時代を入れる

これは少し上級テクニックですが、記事タイトルの一番最初に【2020年】や、【令和】などといった今の元号や年代を表す単語を入れるのも一つのポイントです。

最新の元号を入れることによって、この記事は比較的新しく更新された記事だということをユーザーは感じます。最新の情報を得たい方がアクセスしてくる印象です。また、アクセスしてほしいユーザーを集客する方法としても利用できますね。

年代や元号を入れる具体的な例

  • 2020年オススメのレンタルサーバーまとめ
  • 令和の新常識!お風呂掃除にはバスタブクレンジング!
  • 昭和生まれ必見!懐かし名曲ソングまとめ
  • 【2020年版】WordPressの設定方法すべて解説

ニチジョー!でも元号を入れた記事はいくつかあります。是非合わせて御覧ください。

スポンサーリンク

記事タイトルは32字以内にまとめるべし

これはめちゃくちゃ重要です。記事タイトルは32字以内に収めるようにしてください。

記事タイトルは長いほうが検索に引っかかりやすいのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、実際そうとも限りません。
Googleの検索エンジンは記事タイトルと中身のコンテンツで順位を決めているからです。

ではなぜ32字以内に収めなければならないのか、これはGoogleの検索結果に表示されるタイトルが32字までしか表示されないからです。

上が32字以内に収めた際の検索結果の表示。下が32字以上の検索結果の表示です。

よく見るとわかりますが、下のほうは最後の方の文章が見切れていますよね。
「米で100万台売れた」となっています。「…」がついています。
ちなみにこの記事の本当のタイトルは「スマホを充電しながら99.9%のUV除菌!米で100万台売れたPHONESOAPのキャンペーン開始」です。

32字以内に収めたほうが、利用者としても記事の内容が把握しやすいので良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は記事タイトルがいかにアクセス数に関わってくるかというお話をしました。上記の話を踏まえて、少しでもピンときた方はすぐにタイトルを変えてください。検索エンジン経由の収益が激増するかもしれませんよ。

もう一度おさらいしましょう。記事タイトルをつけるときに意識すべき点はこれ。
その他にも意識すべき点はたくさんありますので、載せておきます。

  • 具体的な数字を入れる
  • 誰に向けた記事なのかを明確にする
  • 適度な煽りを入れる
  • 煽り過ぎは炎上の原因になるのでNG
  • ものごとをまとめた記事にする
  • 魅力的な言葉選びをする
  • 目立たせたい部分はカッコで強調してみる
  • 記事の内容にもなっている重要語句を入れる
  • 記事のタイトルは32字以内に収める

以上、記事タイトルのお話でした。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました